オリゴ糖の選び方にもこだわろう

便秘の予防のためにこれからオリゴ糖を購入しようと思っている人はたくさんいますが、いざ調べて見ると色々な製品の種類があり、どれがいいのか分からず諦めてしまったという人もいるのではないでしょうか。諦めずに自分に合うオリゴ糖を選ぶためにも選び方は重要になるので、チェック項目について紹介します。

まず1つ目は純度をチェックしましょう。例えば、オリゴ糖と書かれていても中には50パーセントほどの純度のものや、100パーセントのものも存在しています。50パーセントということはオリゴ糖が半分しか含まれていないということになり、それ以外は別の成分が含まれているので、なるべく信頼できるオリゴ糖を選ぶためにも純度は100パーセントに近い高いものを選ぶといいでしょう。

また2つ目は安全性も重要です。例えば便秘を解消させるためや予防するために妊婦や子供への摂取を検討している方もいるでしょう。しかし、中には化学物質が含まれているものもあり、安全性が低いタイプもあります。安全を考えた選び方も大切になるので、なるべく天然成分から作られているオリゴ糖を選ぶようにすると安心です。このように選ぶときには2つのチェックポイントがあるので、しっかりと確認してから購入しましょう。

オリゴ糖の摂取量について

オリゴ糖は便秘の予防にいいと言われていますが、中には1日にどのくらい摂取すればいいの?と疑問を抱えている方もいるでしょう。実際に摂取量は目的などによっても異なると言われています。事前に知っておくことでしっかりと予防することができるので、ここでは摂取量について紹介します。

まず整腸を目的としている場合ですが、オリゴ糖はビフィズス菌を増やすことができ、腸内環境を整えることができます。人によっては大量に摂取すればその分ビフィズス菌も増えるのではないかと思っている人もいますが、あまりにも大量に摂取するのはよくありません。整腸を目的としている場合には1日に大さじ1杯程度を目安にするといいでしょう。

続いて便秘気味だという人や、排便が不規則だという人は1日の目安は多少多めの大さじ2杯から3杯程度を摂取するようにしましょう。飲むタイミングとしては朝と夜がいいと言われています。朝は腸内の動きが活発化し、一番排便がしやすい時間帯になります。夜は朝に向けて便の量をかさましでき便秘が解消される可能性が高くなるので、摂取をした方がいいと言われています。

このように、目的によっても異なりますが、摂取量は人の症状によって異なります。特に便秘や整腸を目的としている人はここで説明していることを参考にするといいでしょう。

便秘の予防にオリゴ糖

世の中には毎日のように便秘で悩まされている方はたくさんいます。便秘を繰り返すとお腹が張る感じが続くことや、腸内環境が悪化して重大な病気に繋がることもあります。その為、なるべく早く解消したいと思っている方は多いかと思いますが、そもそも便秘にならないためにはどんな対策方法が存在しているのでしょうか。実際に色々な情報がありますが、その中でも手っ取り早い方法と言われているのがオリゴ糖の摂取です。では、オリゴ糖が便秘の予防にいいと言われている理由について紹介します。

まず1つ目は、合う合わないを考えて選ぶ必要がないということです。例えばヨーグルトなども善玉菌を増やすのには重要な役割を果たします。しかし、ヨーグルトは目的によって選び方が変わるので自分の身体に合うタイプを探すのに苦労します。また、乳酸菌は腸までに多くのビフィズス菌を取り入れるのは難しいと言われています。それに比べるとオリゴ糖は腸内にもともとあるビフィズス菌を増やす役割があるので、腸内にいるたくさんの善玉菌に合うタイプのヨーグルトは何かと探す必要もありません。摂取するだけで善玉菌優勢の腸内環境に仕上げてくれます。

また2つ目は継続しやすいので、予防につながると言われています。ヨーグルトは最低でも1日200グラムの量を食べなければなりませんが、オリゴ糖は飲み物に混ぜて摂取するなど満腹感はないので毎日続けやすくなります。毎日続けることで腸内環境も整えることができるので、便秘の予防・改善に繋がります。